2013年4月アーカイブ

文化放送
4/22(月) 16:40~ サルバドール知恵袋

  
「インフォメーション・クローゼット仕事術」が日経BPより発売されます。デジタル情報管理の決定版です。ぜひ手に取ってみてください。なお、内容の一部が公開されるなどしましたら、またここでお知らせします。



pkz.jpgのサムネール画像

  
 失敗しているスライドや企画書の多くが「情報過多」です。書いてあることが多いのは、悪いことではありません。内容が多くなるほど相手がどこを読めば良いかわからなくなるのがまずいのです。
 一番大事なポイントを明確にした上で、必要なら情報を盛り込んでください。
 では、一番大事なポイントとは何でしょうか?
「自分が言いたいことが3つあって、どれも捨てがたいから、1つに選ぶのは無理です」こんな話をよく聞きます。もちろん、間違いではありません。自分が言いたいこと、伝えたいことが1つに絞れなくて当然ですし、そう考えると1つに絞り込むのは無理なのです。とはいえ、言いたいことが5つ、10個と増えていくと、結局何も伝わらなくなります。
 大事なのは相手の視点に立つことです。あなたの言いたいことではなく、あいてがもっとも知りたいことを1つに絞り込めばいいのです。

結論から"なぜ"を導き出す
 相手が知りたいことは、結論から発生します。「あなたの企画した商品が良く売れてビジネスが成功する」こんな企画書を作るとします。
 結論は、商品が良く売れることです。金額や個数を想定して書き込むことになるでしょう。とても魅力的な話しなのですが、これは相手の知りたいことではありません。相手は「なぜ売れるのか」を知りたがるのです。

 なぜ売れるのか→安いから→なぜ安いのか→製造工程を見直したから

 この、なぜ以降が相手がもっとも知りたいことです。この企画書であなたの書く結論は「安いから売れる」です。しかし、相手の関心は「製造工程を見直したから、品質を維持したまま安い」といった部分なのです。
 相手が知りたい部分を、もっとも強く伝えることが企画書成功の第一歩です。
  
5月8日23:30~23:45まで、NHKのEテレ(教育放送)の「会社の星」出演します。ぜひご覧ください。
  

無料ダウンロード アイディア出しに役立つノウハウの小冊子を無料ダウンロード※閲覧にはメルマガで配信中のパスワードが必要です

メルマガ購読・解除
 

お便りはこちらへ

講演・執筆のお問い合わせは
(株)アバンギャルドまで
TEL : 03-5754-5080

リンク

戸田覚塾

編集プロダクション アバンギャルド

このアーカイブについて

このページには、4 2013に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年3月です。& amp; lt;/p>

次のアーカイブは2013年5月です。& amp; lt;/p>

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。& amp; lt;/p>